お問い合わせアクセスマップ
MENU
前のページへ戻る

お知らせ

林農林水産大臣に事業の促進を要望(H27.5.20)

関川用水 2015/06/02

1.農林水産省関係

 平成27年5月20日、国営関川用水地区推進協議会は、林芳正農林水産大臣に国営関川用水地区土地改良事業の促進と管内農業農村整備事業の予算確保などの要望を行いました。
 訪問したのは、村山会長(上越市長)、入村副会長(妙高市長)、永井関川地区土地改良区連合理事長(副会長)など11名で、髙鳥衆議院議員の案内により実現しました。

 村山会長は、昨年度、関川用水地区が採択された御礼を述べるとともに、分割採択された残りの64億円の早期追加をお願いしました。また、笹ヶ峰ダムや幹線用水路などの基幹水利施設だけでなく、地域農業の発展のためには、現在取り組んでいるほ場整備事業などの農業農村整備事業の一層の促進が必要として予算確保をお願いしました。
 林農林水産大臣からは、「基幹的農業水利施設は、計画的に執行します。公共事業予算については補正予算が減少したので、今後当初予算の確保に向けて努力します。」と話がありました。
 なお、同日農林水産省農村振興局小林次長及び室本整備部長ほか関係部署に同様の要望活動を行いました。


▲林大臣に要望書を手渡す協議会の皆さん


▲要望内容の説明をする村山会長


▲小林農村振興局次長に要望


▲室本整備部長に要望

 

2.北陸農政局関係

 平成27年5月18日、国営関川用水地区推進協議会で北陸農政局雜賀局長に事業促進を要望するとともにも幹部職員との意見交換を行いました。
 意見交換では、農家経営を考えると「売れる米づくり」が必要で、産地間競争を意識すると低コストによる適正価格を自ら考える状況にある。また水田フル活用については、大豆・飼料米の作付けを増やすことにより米の価格低下を防がなければならないなどの意見が出されました。

■雜賀北陸農政局長に要望

■北陸農政局幹部職員と意見交換

3.国営関川用水地区推進協議会の活動経過

  • 平成27年4月16日
     国営関川用水地区推進協議会第4回総会
  • 平成27年5月18日
     雜賀北陸農政局長に要望
  • 平成27年5月20日
     林農林水産大臣に要望
     小林農村振興局次長に要望
     室本整備部長に要望
     塩屋水資源課長に要望